スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

ああかわいい

MOTTAINAI THANKS FUROSHIKI7BAD518590535F66FF5C3075308D3057304DFF5CMOTTAINAI-SHOPUploaded with plasq's Skitch!

mottainai thanks furoshiki by Michihiko Yabuuchi
理屈ぬきにつきぬけてていいですねえ。
まさに風。まさにロック。

手帳彷徨

相変わらず脳内90%くらいが手帳成分でできてます。仕事の資料調べに本屋にいっても、手帳売り場の磁場に勝てずへらへらと吸い寄せられる始末…。そして、この10月に手帳人生に大きな変化がおきました。
上にもリンクが貼ってあるJMAM野口氏の「能率手帳の流儀」を読んだことです。ずっと気にはなっていた本だったのですが、会長の本だし、ある意味宣伝だろうからなあ…と手を出さずにいたのですが、アマゾンの人の熱いレビューにつられて購入。この本はほんとにヤバい本でした。中身のことは詳しくは書きませんが、とにかく手帳に半端ない思い入れがあり、手帳霊でもついてるんじゃないかというくらいの手帳人生のお話です。一番最後の項目以外はほとんどあからさまな能率手帳のPRはまったくなく、ただただ手帳へのあふれんばかりの愛が綴られています。しかし、この本は非常にあぶない本です。そこらにあまた出ている手帳本とは明らかに違い、この人の手帳愛がすばらしく半端でないために、結果的に能率手帳の良さが浮き彫りになってしまい、読後は手帳のスタンダードが能率手帳になり、すべての手帳を能率手帳と比べてどうかというものさしで判断せざるを得なくなってしまうということです。
しかしこの状態が不幸かといえばそうでもなく、自分的にはそういうスタンダードがあると自分好みの手帳がさらに選びやすくなりました。
能率手帳のすてきポイントはシンプルな金の年号刻印と味のある外観(1年間使用後に革がいい感じになじんで本当のかっこいい姿が現れます。理想のじじくささ!)、絶妙な紙のクリーム色と文字のオリーブ色のバランス、マンスリーが縦書き(学校の黒板みたいで昭和全開)、書きまくれるウィークリーの右側の空白だと思いますが、そのあたりと比較して現在さまざまな手帳をまだ物色中です。ちなみに現在まで9月はじまりを5種類ほど購入し、次々と試用しています。ただ今のところ能率教(宗教か)に洗脳されてるので、やはりこのままいくと09年は能率の年になりそうです。今年から出たマンスリーがブロック型になっている普及版を購入しました。本当はもともとの縦書きマンスリーの方がかわいいんですが、使いやすさ的にこちらで…。

そんなこんなでもしかして「理想の人」が見つかってしまったのではないかと思いつつも、現在、手帳売り場花ざかり、先月はこの時期恒例のダイム日経アソシエでも手帳特集が組まれたり、ノート&ダイアリースタイルブック3がでたりとまだまだ手帳妄想は止みそうにもありません。(ここまではいきませんが…ここまでいったらマじでやばい。これも野口氏の発想なんだろうか。そういえば野口氏の手帳のつかいっぷりの記事もここにありました。ただただすごすぎる)


それにしてもどんだけ手帳病なんだよ…。今日もヤクルトのおばさんが取り出したいい感じにじじくさい手帳を凝視しすぎて、コーヒー豆乳落としました。いろいろチェックしすぎてこんなのまで射程に入ってくる始末…仕事に戻ります。

手帳愛2009

 またしても、そろそろ手帳のきせつですよね。ほぼ日が発表された8月中旬くらいから、暑苦しくもあちこちの売り場をそわそわうろうろしていくつか購入もしてるんですが、いよいよせまってきた来月の本番に備えて、自分のメモ用に今年の対策をまとめときたいと思います。

・手帳が「うるさい」問題
カズンは最初からサイズ問題で見送りだなと思ったのですが、毎年保存用に買っていたほぼ日も今年は止めようかなと。ここんとこ、なんでほぼ日はこうも自分には合わないのかを考えてて思ったことなんですが、もともとデザインとか紙質とかがあまり好みでないことは置いといて、一言でいうとああいう手帳って「うるさい」友達みたいなんです。手帳からほらなんか活用しろよといわれている感じというか…。日々何かを書くことも怠惰な自分にとっては苦痛なだけだし、ページとページの間からさりげなくいろいろ提案されてる感じが…手帳のくせにもうちょっと静かにしてくれんかなと思います。ほぼ日とはちょっと違うけど、手帳で「夢がかなう」とか「人生が変わる」とか「仕事ができるようになるとか」ってのも、いや気がさします。友達どころか先生というか、ちゃんとしてないとしかられそうです。このままいくと手帳が主役の人生というか、手帳にふりまわされる人生になるようでいやなのです。今年はとにかく「うるさくない」手帳が欲しい、とそれを最優先テーマにしたいと思ってます。もう長年つれあってて茶とか飲みつつ、一言も会話がないんだけど、縁側はぽかぽかあったかくて気持ちいい…そんな伴侶のような手帳がいいなあ。…妄想はげしくてすみません。

・サイズ形状問題
手帳を持ち歩くメモとしても兼用したい自分としては、やはり大きめサイズは考えられないので、実用性を考えるといつもA6あたりに落ち着きます。小さめかばんの中でも大きな存在にならないやつがいいです。しかし正直サイズ的には飽きがきてるんでおもしろい形のやつとかも欲しいのです。ゆかいなサイズというと昔から気になってはやめているのがあって、ラコニックの横開き。書くところは広くていいけどいかんせんバーチカルなんだよな…(今度バーチカル苦手問題も書かなくては)あと今年はあのコーティッドの蛇腹Kiloがまだお目見えしてないですが(今年はなしという噂も…)、あれもCreator's Diary同様、昔から気になるものの、(自分の業種的にはああいうガントチャート管理は絶対便利だと思うんですが)見本のコーナーで紙がボロボロになってるのを見ると「ああ自分にはダメだ」という結論に。自分なんて手帳の扱いがおよそ丁寧でないですし、毎日かばんの中ごちゃごちゃさせてるんで、見本がボロボロになってるかどうかってのも選択のときの大きなポイントになってます。
やっぱりA6スリムになるのかな…。しかしもうちょっと小さいサイズにも挑戦してみたいです。

とまあまだまだいろいろ考察は続いてるんですが、ここまで書いたら結局行き着くところは去年と同じような気も。そういえば去年の手帳も近年の中ではなかなかのヒットでしたし…。しかし何か変化をもとめたくもあるので、今年もいい出会いがあるといいなあ。

ITmediaの手帳連載を楽しみに読んでるのですが、あの謎に包まれたコーティッド社長のインタビューが掲載されてました。今年のテーマは「Wipe」だそうです。気持ちがなんとなくわかるような気も…。たしかに最近の手帳事情をみてると「考え過ぎ」な感じがしますよね。(こんなエントリー書いてて、人のことはいえませんが…)それだから「うるさくない」手帳が欲しいのかな…。


コクヨのAn Notebooksシリーズ


KOKUYO An NOTEBOOKS AN-1012 Nowhere to be found ムラタ有子
ノーーーーーートとか、なにげに気になってましたが、いろいろな種類がでてるのですね。ポラリスのジャケットでおなじみのこんなムラタ有子さんのどうぶつノートが。シールはがしちゃうのがもったいなさそうである。